四国介護予防運動指導員の会

2019年7月、「四国介護予防運動指導員の会」を発足いたします。

これは、東京都健康長寿医療センター研究所(以下センター研究所という)の提供する各種介護予防プログラムの理論、および高齢者筋力向上トレーニングなどの講義・演習を受け認定された「介護予防主任運動指導員、介護予防運動指導員」を中心に、センター研究所が有する「介護予防のノウハウ」を広めるため、四国内にて普及啓発活動を行う組織です。

「四国介護予防運動指導員の会」の目的

2025年問題を間近に迎え、医療や介護、体育を取り巻く環境は日々変化しています。
その中で、我々「介護予防運動指導員」が中心になり、

  • 筋力向上トレーニング
  • 転倒予防
  • 認知症予防
  • 尿失禁予防
  • 栄養改善
  • 口腔機能向上
  • うつ・閉じこもり予防
  • 高齢者の社会参加

を目的とし、より多くの高齢者が適切な指導を受けられるよう活動いたします。

会員の構成

1:正会員
 センター研究所の認定する、介護予防主任運動指導員、介護予防運動指導員の資格を有する者

2:準会員
 当会の目的に賛同される個人、または法人

講習会・研修会

指導者の指導力・技能向上に限らず、他職種(医療、行政など)との連携を図るなど、四国4県内で各種講習会を年間を通して実施いたします。
(講習会・研修会の日程はこちらから 講習会・研修会案内

 

運動指導や健康講座などの講演のご依頼、または入会の方法などは、メールフォームよりお問い合わせください。

ソース画像を表示